不要車売却の仕組みを知ることにより、査定額をアップさせるマニュアル

きれいな方が査定価格は上がります

車の査定も最近ではチェック項目等が定型化されており、だれがやっても同一の結果が出るようになっていることが多いです。
しかし、実際に査定するのは人間ですから、感情や判断が入り込む余地は十分にあります。
そんな査定担当者の印象を上げるためにも、査定してもらおうとする車はきれいにしておくことが大切です。

車をきれいにしておくというとたいていの人は、車の外装部分だけ掃除する人が多いのですが、そうではなく室内の掃除も必要です。

自分が中古車を買いに行くときのことを考えていただければわかりやすいでしょうが、目を付けた車のドアを開けて中を見ることが多いです。

つまり、車内というのは案外目に付く場所であり、きれいにしてあれば査定担当者の印象は良くなります。
特に、シートの汚れなどについてはできるだけ自分で取り除いておくことが必要です。
シートの汚れは案外目立ちますし、それだけで減点項目になってしまうのでおろそかにはできません。

また、タイヤやホイールも掃除をしておくことをお勧めします。
特にホイールについては、空間になっている部分も含めてブレーキダストを拭き取っておくと、ホイール自体が新品のように見えます。
タイヤも同様で、黒くするスプレーまでかける必要はありませんが、泥がついていたら取り除いておく必要があるでしょう。

見落とされがちなのがエンジンルームとトランクです。
エンジンルームは下手に掃除する必要はありませんが、エンジンが冷えている状態で目立ったごみを取り除く程度のことはしておく方がいいでしょう。
また、トランクについては掃除すらしたことがないという人も珍しくないようなので、室内同様に掃除をする必要があります。
また、いらないものがあったら出しておいた方がいいでしょう。
もっとも、車にもともとついていた車装品はそのままにしておいてください。

こうすることで、車に対する印象が良くなって査定価格がアップします。

徹底的に節約して引っ越しするには⇒【引越し単身パックマニュアル】知らなきゃ損!